[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
  • 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
Laboratories

免疫シグナル研究グループ

斉藤 隆

グループディレクター 斉藤 隆

免疫シグナル研究

生体防御の中心を司るT細胞は、ウイルス・細菌をはじめ、無数の抗原に対する特異的な免疫応答を誘導します。T細胞は、T細胞抗原レセプター(TCR)によって抗原を特異的に認識して、活性化し、同じ特異性を持つクローンを増殖させ、種々の機能を発現する細胞に分化して、免疫応答を制御しています。私たちは、T細胞の抗原認識から活性化と機能発現までの制御機構を解明して、これらに関与する分子を標的とし、T細胞を中心とする免疫制御法の確立、ひいては、自己免疫疾患、感染症の制御や移植などへの応用を目指しています。

次のような研究テーマを進めています。(1)T細胞活性化と寛容のシグナル制御:種々の活性化シグナル分子が、いつどこに発現し集積して、運命決定のシグナル伝達を行うか、というダイナミズムを解析しています。 (2)免疫シナプスとラフトの調節機能:免疫システムだけの持つ抗原認識機構を1分子レベルの生体イメージングで解析します。(3)肥満細胞の活性化と生存の分子機構: T細胞と肥満細胞の制御機構を解析し、両細胞系での活性化と生存の制御を通じて、アレルギー疾患の分子機構の解明、さらにはその制御法の確立を目指します。


T細胞と抗原提示細胞の特異的会合 免疫シナプスの形成
免疫シナプスの形成と制御
図1.免疫シナプスの形成と制御
T細胞抗原レセプターを介する活性化シグナル制御

図2.T細胞抗原レセプターを介する活性化シグナル制御

所在地:横浜研究所 北研究棟4階