[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
  • 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
Laboratories

分子システム研究ユニット

徳永 万喜洋

ユニットリーダー徳永 万喜洋

1分子イメージング定量により、生細胞において分子動態・相互作用を数値化し、 シミュレーションと融合する新規手法を開拓し、免疫細胞生命プログラム時空間モデリング研究を行います。

1分子イメージングにより、空間的・時間的・複数種分子同時に、個々の分子動態と相互作用を細胞構造上で直接反映した 分子パラメーターを定量できます。これに基づき、細胞分子反応を数値モデル化し計算機シミュレーションします。 生命機能を分子システムとして統合的に理解する新しい研究領域を確立することにより、免疫制御機構の理解を飛躍的に深め、 免疫疾患克服の新たな手法を開拓します。 1分子イメージングと計算機シミュレーションを融合し、免疫細胞生命プログラムを再現することを目的とします。