[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
  • 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
Laboratories

免疫恒常性研究ユニット

堀 昌平

ユニットリーダー堀 昌平

制御性T細胞の分化と機能を制御するマスター遺伝子として同定した転写因子Foxp3に着目して、制御性T細胞の分化と機能のメカニズムを分子・細胞・個体レベルで研究します。

免疫系には広範な免疫抑制機能を有した制御性T細胞とよばれるCD4+ T細胞サブセットが存在しています。 制御性T細胞は、自己免疫のみならず炎症、アレルギー、移植片拒絶、感染免疫、腫瘍免疫といったあらゆる免疫応答を抑制的に制御して 免疫系における恒常性の維持に必須の役割を担っています。当研究ユニットでは、この制御性T細胞の分化と機能を制御するマスター遺伝子 として同定した転写因子Foxp3に着目して、制御性T細胞の分化と機能のメカニズムを分子・細胞・個体レベルで研究します。これらの問題を解決することで、 さまざまな免疫疾患に対する新しく根本的な治療法の開発に道が拓かれると期待しています。

所在地:横浜研究所 北研究棟5階