[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
  • 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
Laboratories

免疫細胞システム研究グループ

小安 重夫

グループディレクター小安 重夫

 

免疫系は体内に侵入した微生物などの異物の排除に重要な役割を持ちますが、同時に、アレルギーや自己免疫疾患では発症や病態形成に関与します。どちらの場合も、様々な免疫関連細胞がお互いに影響し合いながら機能します。どのような細胞の相互作用がどのような反応に結びつくのかを明らかにすることで、免疫反応を理解し、免疫関連疾患の制御を目指します。

私たちはこれまでに、マウスやヒトの腸間膜にリンパ節とは異なるリンパ球集積を発見し、fat-associated lymphoid cluster(FALC)と名付けました。さらにFALCに存在し、多量のTh2サイトカインを産生することで腹腔内のB1細胞の維持や寄生虫感染時の自然免疫反応に機能する新しいリンパ球を発見し、“ナチュラルヘルパー細胞”(Natural Helper (NH) Cell)と命名しました。NH細胞はアレルギーなどの病体にも関わる事が示唆されており、NH細胞の機能解明に精力的に取り組んでいます。