[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
  • 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
Laboratories

樹状細胞機能研究チーム

佐藤 克明

チームリーダー佐藤 克明

  樹状細胞機能研究

樹状細胞は樹状突起を有する系統マーカ陰性MHC class II陽性の免疫細胞です。樹状細胞は分化系列や成熟段階の異なる多様なサブセットとして、末梢非リンパ組織やリンパ組織に広く存在しております。生体において、病原性微生物や癌などの'非自己'を認識した未熟樹状細胞は炎症環境にて成熟樹状細胞となります。成熟樹状細胞は最も強力な抗原提示細胞として獲得免疫応答を誘導するとともに様々なサイトカイン産生を通じて自然免疫応答を活性化し、これらの排除を適切に行なっております。一方、定常状態では、未熟樹状細胞は'自己'に対する免疫寛容を誘導する免疫寛容誘導性抗原提示細胞として、免疫学的恒常性の維持にも関与していることが明らかとなっております。従って、このような細胞系統多様性や機能可塑性を示す樹状細胞は、本質的な免疫応答の司令塔であると考えられております。

樹状細胞機能研究チームでは、樹状細胞の改変により炎症環境においても強力な免疫寛容誘導能を示す抗原提示細胞として、制御性樹状細胞を作製しました。今後は、制御性樹状細胞による免疫応答制御の解明と免疫疾患に対する制御性樹状細胞を用いた新規免疫細胞療法の開発を行っていきます。

所在地:横浜研究所 北研究棟6階