[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
  • 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
Laboratories

アレルギー研究ユニット

川上 敏明

ユニットリーダー川上 敏明

 

当研究室ではマスト細胞の基礎研究を行なっている。長期的には、この基礎研究の成果をもとに、喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎などの治療薬を開発したいと考えている。

    プロジェクト
  1. 1. Histamine-releasing factor (HRF) は細胞内および細胞外での機能がある。細胞内では細胞周期、細胞の生存、増殖、さらに悪性転化などに重要な役割を果たしている。一方、細胞外に放出されたHRFはアレルギー性疾患に関与している。私たちは最近、HRFはある種のIgEおよびIgGと直接結合し、喘息、皮膚過敏性、食物アレルギーなどのアレルギー性炎症反応に極めて重要な役割を果たしていることを、動物モデルで証明した。今後は人のアレルギー疾患におけるHRFの役割を研究し、HRF阻害剤が新しいタイプのアレルギー治療薬となり得るかどうか検討して行きたい。
  2. 2. 高親和性IgEレセプター(FcεRI)を介するマスト細胞の活性化はアレルギー疾患に密接に関与している。そこで、FcεRIの刺激によって活性化される一連のシグナル伝達経路を研究し、アレルギー疾患治療薬として決定的となるチェックポイントを同定し、それを治療薬開発研究に結びつけたい。