[2013年4月改組]
2013年4月、統合生命医科学研究センターへ発展し、新たな研究展開を推進します。 > 統合生命医科学研究センター
  • 文字サイズ
  • サイズ小
  • サイズ中
  • サイズ大
  • 印刷する
Events

イベント

2007年

JSI-RCAI Workshop 2007
先天性免疫不全症に学ぶ

開催主旨

免疫学の歴史は先天性免疫不全症の発見に始まるといっても過言ではありません。先年亡くなったR.A.Good博士が"experiments of nature"と称したように、先天性免疫不全症はヒトの免疫系の機能を私たちに知らしめてくれる自然の実験です。古くは1950-60年代にX連鎖無ガンマグロブリン血症、DiGeorge症候群、重症複合免疫不全症といった先天性免疫不全症が発見され、免疫系が液性免疫と細胞性免疫に分けられることが示されました。驚いたことに、これはT細胞とB細胞の発見の10年以上も前にあたります。先天性免疫不全症はT細胞やB細胞のみならず、好中球、食細胞、補体、NK細胞といったあらゆる免疫担当細胞の一次的な異常によって免疫不全状態が生じる症候群をさしますが、近年注目されている自然免疫系の不全による先天性免疫不全症もいくつか同定されています。最近の免疫学では遺伝子改変マウスを用いたマウスの研究が主流となっていますが、マウスとヒトとでは同じ遺伝子でも機能的に異なることがあり、遺伝子改変マウスは必ずしもヒトの疾患モデルになりえないのも事実です。医学の大きな目的はヒトの病気を知ることです。先天性免疫不全症は稀少な疾患ですが、ヒトの免疫系の不思議を私たちに教えてくれる貴重な宝です。ですから今回のテーマは「先天性免疫不全症に学ぶ:Lessons learned from primary immunodeficiency diseases」としました。先天性免疫不全症をキーワードとして臨床医と基礎研究者がお互いに情報を交換し、ヒトの免疫をより理解するきっかけになればと思い、副題として「from bedside to bench and from bench to bedside」をつけさせていただきました。ポスター発表の機会も設けましたので、できるだけ多くの参加者にポスター発表もしていただきたいと思います。活発な討論で、わが国からこの分野についての新しい知見を発信できる礎になればと願っています。

オーガナイザー
金兼 弘和
(富山大学医学部小児科)
今井 耕輔
(防衛医科大学校小児科)
日 時
2007年5月25日(金)10:00-17:00
場 所
理化学研究所 横浜研究所 北研究棟
地図
6階カンファレンスルーム
参加費
参加申し込みは締め切りました。

プログラム(予定)

公用言語は英語ですのでご注意下さい。

10:00-10:05
Opening remark (Hirokazu Kanegane)
10:05-10:35
Hirokazu Kanegane (University of Toyama)
Lessons learned from XLA-history of primary immunodeficiency diseases-
10:35-11:05
Fumihiko Ishikawa (RCAI)
Studying human primary immunodeficiency diseases using a novel xenotransplant model
11:05-11:35
Satoru Kumaki (Tohoku University)
X-SCID gene therapy: reality and future direction
11:35-12:05
Yousuke Takahama (University of Tokushima)
Lessons learned from ENU-mutagenized athymic mutants
12:05-13:00
Lunch
13:00-14:00
Poster session
14:00-14:30
Tsuneyasu Kaisho (RCAI)
Immunological phenotype of pattern recognition receptor defects ---from knockout mice to human immune disorders
14:30-15:00
Yoshiyuki Minegishi (Tokyo Medical and Dental University)
Molecular genetics and funnctional characterization of human hyper-IgE syndrome.
15:00-15:30
Masamichi Muramatsu (Kyoto University)
AID; its function and deficiency
15:30-16:00
Kohsuke Imai (National Defense Medical College)
Defect of immunoglobulin class switch recombination in human
16:00-16:05
Closing remark (Kosuke Imai)
16:05-17:00
Get together party

問い合わせ先:JSI-RCAIワークショップ事務局 workshop@rcai.riken.jp